いいところに目を向けたい。

12月もすでに半ば。
師走というだけにあっと言う間に今年も過ぎ去ってしまいそうですね。
年始、年明けのカウンセリングスケジュール早めに出しますね。

さて、今日は何について書こうかというと、タイトルにあるように「いいところに目を向けたい」ということです。いつもと違って私の思いをただただ書いていく記事になりそうです。

日常生活でも、対人関係でも、悪いところにはすぐ目が行くものですよね。
これって人間が動物である以上、仕方がない事なんだそうですよ。生き残らないといけないし、悪いことは危険ってことですから、それを回避するために注目がいくわけです。

しかし確かに入り口が悪いところにせよ、その後の行動で何を、どの部分を受け入れるかは全くもって自分次第だし、選ぶことはできるとアドラー心理学では考えたいし、私もそう考えたいんですね。

例えば家族で暮らしていたりすると、ある時相手の嫌いな部分がみえてどうしようもなく嫌になるわけですよ。もうこの人とはやっていけないわって。

でもこれってとても勿体ないと私は思うんです。
多分その嫌な部分って、その人のほんの一部だと思うんですよね。10あったら1~2くらいだと思う。これが過半数だったらそもそも付き合い自体がないでしょうからね。つまり残りの8~9ってのは良い部分というわけですよ。でもどうやらその8~9もある良い部分には目を向けたくないらしいんです。1~2しかない嫌な部分で人を評価してしまう。こう考えてしまうのは私個人的には自分にとっても相手にとってもあまり幸せではないなと思うんですよね。1日のうち3分だけ嫌なところがあるだけならそこに目を向けず、残りの23時間と57分良い人なわけですからそこを認めてあげて、自分自身も幸せだなと感じたいですよ。

そして嫌な部分を見てしまう人についてもう一つ私が思うのは、きっとこういった人は目の前の相手と暮らしていないんではないかなと思う。多分自分の中に理想の相手がいて、その人と暮らしている。だからきっと8~9割の良い部分しか認めず、しかもそれがもはや10割で当たり前と化して、幸せな状況や感謝などを忘れちゃうんだと思うんです。だからたまに出てきた悪い部分は絶対的な悪で排除しようとしちゃう。

人間って不完全な存在ですから、1~2割の悪い部分があるなんて当たり前ですよ。じゃああなたは完璧なんですか?って私は聞きたい。笑
自分にも相手にとってよろしくないと思われるところがあるだろうに、自分は良くて相手は許さないのはちょっと優しくないんじゃなかなと思うんです。

1~2割の悪い部分があるからこそ、その人の良さは際立つし、 その人はその人で「或る」ことができるんです。

これは何も人間関係だけではなくて、例えばお買い物でもそう。
着目するところのお話ですから、お金を払う、ものを手に入れるって二つの現象があるならどちらに注目する人生にするかってことです。これも自分で選ぶことができますね。

例えば不幸に感じてしまう人はもしかしたら「お金を払う」というところに注目してしまうのかもしれません。お金を払うことで、お金が減りますよね。数字が減ったところを注目して、心が貧しくなる。でもきっと幸せな考え方の人は「ものを手に入れる」というところに注目して、生活が豊かになったとか、自分の気持ちが満たされたとか考えるかもしれない。お金を払えた自分も凄いと思えるかもしれない。

起きた現象や客観的な事実はあるがままですが、それをどのように受け止めるか、どの部分を受け入れるかは自分が決めることができるし、決めることができるということに気づいて、内なる自由を獲得出来たら私は幸せだと思うんです。

まぁ私が何と言おうが、生き方は人それぞれですし、私も別に「この生き方は悪い!」と他人の生き方を否定するつもりも全くありませんから、ご自身の好きなように生きていただいたらそれでいいと思います。ここまで言っておきながら。笑

ただ私は「こういう生き方は私にとってはとてもいいと思うんだけど、どうですかね?」ってくらいのスタンスでいつもお話ししたいと思っております。

初回メール相談無料

当オフィスの心理カウンセリングスタイル。

心理カウンセラーの田山です。

今回はカウンセリングオフィス『いま、ここに。』のカウンセリングはどのようなものなのかを少しお話しさせていただこうと思います。

まずは少し前置きをお話しさせてください。

「心理カウンセリング」というくらいですから、これは「心理学」によるカウンセリングになります。心理学とひとえに言ってもたくさんの学派というか、種類があります。
ですからどの心理学かによって、当然、前提や考え方、現象の名前の呼び方やアプローチの仕方など本当に様々なんです。

だからそこはしっかり選んで、自分に合ったところでカウンセリングを受けることが問題解決への一番の近道にもなるかもしれません。

そして問題を解決するのは何も心理カウンセリングだけが唯一の道というわけではないことも忘れないでもらいたいんです。まず自分が何を悩んでいて、何を知りたくて、何をどのように解決したいかによって心理カウンセリング以外の選択肢をお勧めすることもあります。

心理カウンセリング以外の選択肢というのは、例えば法律事務所。法的な解決というのは心理カウンセリングではできません。それはやはり専門の所に行かなければいけないと思う。ちなみに私のところへいらっしゃった方で、法的な解決が必要と思われた場合や、ご希望があればこちらはご紹介が可能です。

そして他には例えば占いですね。占いに私はあまり詳しくはありませんが、過ぎ去った過去や、まだ見ぬ未来を教えてくれるかもしれません。これも心理カウンセリングではできないことです。でもそれであなたの悩みが解決するならそういった選択肢を取るのもありかもしれません。占いに関してもご紹介できるあてが少しあります。

大変ザックリですが、こんな選択肢が他にもあるんだよってことを頭のどこかに置いておいてほしいのです。

それではカウンセリングオフィス『いま、ここに。』の心理カウンセリングについてお話ししていきますね。

|どんな心理学?

カウンセリングオフィス『いま、ここに。』はアドラー心理学によるカウンセリングを行います。

アドラー心理学(個人心理学)というのは1870年から1937年まで生きていたオーストリアの精神科医アルフレッド・アドラーという方が創設した心理学です。
アドラーはもともとフロイトとともに研究などをしていましたが、学説の違いから別の道を歩むようになります。

アドラー心理学をごく簡単にご説明いたしますと、人の悩みというのはすべて対人関係に由来すると考え、自分の心の中で葛藤があるようなことでも、心には葛藤はなく、悩みというのは人と人との間に存在する。そして、現在起きている状況、行動、症状などの原因を過去に求めるのではなく、アドラー心理学ではそれらの現象に隠れた『目的』を探していきます。そしてアドラー心理学には大きな目標みたいなのがありまして、『共同体感覚』っていいます。これもごく簡単に言えば人、地域、国、世界、地球、宇宙みんながそれぞれ自分を受け入れ、お互いを信じあい、お互いに役に立っていくようなことです。この『共同体感覚』にむけて成長していきたいんですね。これは悩みの解決や治療でも同じで、ただ単に解決するのではなく、『共同体感覚』を常に意識したある種の教育や学びともいえるかもしれません。

今日、日本の心理学や精神医学を学ぶと必ずフロイトを学びますし、根底にある考え方としてフロイトの心理学の流れは根強く感じます。しかし、アドラーの考え方はまさに逆を行くと言っていいほど方向性が違うし、考え方がそもそも違う。だからその点を理解せずに、他でカウンセリングを受けてから私の所でカウンセリングを受けたりすると驚かれる方も少なくありません。

ただ、わたしは別にアドラー心理学が正しくてそれ以外が間違っているとも思いませんし、排他的なのはあまり好きではありませんから、合わないなと思ったら他を当たってみるのが良いかもしれません。そこは自分の人生ですからね、遠慮せずご自身の選択に従うのが吉です。

|どんなカウンセリング?

カウンセリングにも色々な種類・スタイルがあります。

よく聞くのは「傾聴」スタイルですかね。
ひたすらお悩みを聞き、カウンセラーからの自発的な発言は少なく、自身での気づきをメインとした非指示型のカウンセリングスタイルと言えるかもしれません。

一方、アドラー心理学で行うカウンセリングオフィス『いま、ここに。』の心理カウンセリングは聴き役にとどまらない積極的なカウンセリングと言えるでしょう。過去を調べ、こうだったから今こうなんだ、それは仕方ない、それでもいいんだと言うようなニュアンスはなく、もっぱら問題解決思考型のカウンセリングです。過去にあまり目を向けず、健全な目的を持っているか、健全な行動をとれているかを確認して問題解決をしていきますが、そこにはいつも『共同体感覚』の育成という大きな目的をもっています。

両者はかなり印象の違うカウンセリングになりますから、そこも私のところに相談にいらっしゃる際の判断基準にしてもらえたらと思います。

誤解のないようにっておきますが、「傾聴」スタイルを否定するものではありません。これも大変に効果があり、実際に解決される方も多いです。

あとはみなさんがお悩みを解決する際にどのように解決したいか次第です。

|何を相談できるの?

基本的には何でも大丈夫ですって言ったら少し不安ですかね。

でも実際に色んなご相談を受けるんです。
恋愛相談もあるし、進路や夢の事、職場の人間関係や親子関係、夫婦関係とか。
そのほかにはうつ症状で悩まれている方とか、統合失調症の方も相談された方がいます。
あがり症で人前で話すのが苦手な方もよくいらっしゃいます。

初回時やメールでお話を伺った際に、私ではお役に立てなそうだなと思ったらその時はしっかりとお伝えしますし、それは私の持つべき責任だと思うんですね。その方にとってみればお金も時間も無駄になってしまいます。

とはいえこれだとやはり漠然としているような気がしますから簡単にお答えすると『対人関係のお悩み』を専門にカウンセリングを行っております。

注意したいのは、対人関係の悩みを専門にはしているものの、「あの人を何とかしたい」とか「あの人がどう思っているか知りたい」などの類はお役には立てないかもしれません。だけど「あなた自身がどう幸せに生きるか」「あなた自身がどう向き合うか」についてはご相談に乗ることができます。

過去は過ぎましたし、未来はまだ来ていませんから、今ここにいるあなた自身が目標に向けてどうしたらいいか、どうしていくかを一緒に考えます。

他人は変えられないんです。
変えようとすれば必ず反発が起きます。
いつだって変えられるのは「自分自身」なんです。
でも自分が変わることでもしかしたら相手が変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。でもあなた自身はきっと幸せで生きやすくなると思うんですね。

だから私のカウンセリングオフィスではそういったことをサポートしていきたいですね。

|特徴はあるの?

特徴…。
あるっちゃあるかもしれません。

アドラー心理学ってのは概念だけではあまり意味がないんですね。
日常で実践しないと意味がない。つまり一つの「生き方」なんです。「生き方」ってことは頭でわかっているだけじゃだめで、体や口を積極的に動かして、体に少しずつ染み込ませていかなくてはいけません。 対人関係がうまくいかない時というのは、行動がうまくいっていなかったり、言葉がうまくいっていなかったりしますから、練習が必要なんですね。

そういった意味で私のカウンセリングは少しレッスンに近いかもしれません。
私は音楽大学の声楽科を卒業し、その後もオペラ研修所でパフォーマンスや演劇を学び、発声や滑舌、表現を生かして話し方の講師もしています。

だから自分で言うのもなんですが、色んな面から見ても対人関係のお悩みにはお役に立てるのではないかなと思います。

また割と動いたり話してもらったりするので、意外と楽しいかもしれません。

|どのくらい通うものなの?

こちらは人それぞれですね。
変な話、一回で解決する(ほとんどありませんが)のであればそれはそれでいいのかもしれません。

一応目安としてお伝えしますと、月2~4回で3か月から長くても6か月ほどの短期カウンセリングを想定しております。

よくスポーツジムのお話を例え話しで出すことがあるのですが、スポーツジムに体験で行った初日に腹筋を6つに割るのは無理ですよね。
それと同じで、悩みを解決する、つまり性格や行動を変えていくのにもそれなりに期間が必要なんですね。

なので上記のようにお伝えしています。


いかがでしたでしょうか。
少し雰囲気つかめましたかね?
分からないことや気になることがあればお気軽にメールからでもお問い合わせください。
みなさまからのご連絡お待ちしております。

初回メール相談無料

アドラー心理学勇気づけ交流会終了!

心理カウンセラーの田山です。
先日12月1日に西新宿で行われました『アドラー心理学勇気づけ交流会』が無事に終了いたしました!ご参加いただきましたみなさまありがとうございました。

「あっという間だった!」
「また参加したい!」

終了後こんなお言葉を頂けて私はただただ嬉しい。少しでもお役に立てたようで良かったです。

ご参加いただいたお二人は、アドラー心理学は『嫌われる勇気』が知るきっかけとなったとおっしゃっていました。やはり影響は大きいようですね。みなさん入り口はどうやらそこが多いらしい。

でもお聞きしたところ、完読が難しかったとのこと。読んでは少し前に戻って「どういうことだろう」というのを確認しながら読み進めていたようです。そして読んでみるものの、わかるような気はするが実際に日常生活で活かすにはどうしたらいいかが分からず、お困りだったようです。

『嫌われる勇気』や『幸せになる勇気』は私も読みましたが、アドラー心理学の考え方や気持ちのあり方、態度は書いてあるんですが、実際に日常生活でどうするかまでは書かれていないんですよね。自分だけでは理解が難しく、こういう場に出ればより理解を深められるかなと思って参加したというお声も頂きました。

そんな今回の交流会では『嫌われる勇気』や『幸せになる勇気』では語られない、アドラー心理学の少し深いところ、誤解されやすいところ、そして具体的な実践方法を学んでいくような内容でした。

『横の関係をつくる』とか『信頼しましょう』ってのは頭では分かるんだけれども、実際どうすればいいの?ってなりますよね。

そこをカバーしたいんです。

アドラー心理学ってのは1つの生き方ですから、実際に日常で使えないと意味がないんですね。ある意味「技術」と言えるかもしれません。

だから『どのように横の関係を作るか』とか『信頼するとはどのようなことか』などを、日常の例えや、実際に悩まれていることを例にして考え、調整して、訓練する。

そんなことを私の交流会ではこれからもしていきたいんです。

いきなりカウンセリングがハードルが高いのであれば、アドラー心理学は「持っているものをいかに使うか」の心理学ですから、こういった機会も活用しない手はないですね。

次回、また機会があればこちらのブログでもお知らせいたしますのでアドラー心理学に興味がある方はぜひ機会があれば会いに来ていただけたら嬉しいです。

初回メール相談無料

クラスで問題行動を起こす子どもの5つの作戦と対処法~その④『復讐してやる…。』

「子どもの問題行動5つの作戦」の今回は第4回目です。
前回は『権力闘争』でしたが、この段階でさらに勇気をくじかれると、その行動は『復讐』へと歩みを進めます。

前回の作戦その②『権力闘争』の記事を読まれていない方はぜひこちらをご覧ください。

『復讐』段階にきますと、中々一筋縄ではいかなくなります。
本来はこの段階に来ますと専門家の対応が必要になりますが、自分たちにできることも考えてみましょう。

作戦を見極める


よく『権力闘争』と『復讐』段階の見分け方が分からないというご質問を頂くことがありますので、少しそこについてお話しします。

『権力闘争』の時には、受ける側は「怒り」や「苛立ち」を覚えます。相手も自分はあなたより上だということを証明したいので、徹底的に挑発してくることが多いです。
それに対して『復讐』段階では、「怒り」や「苛立ち」を通り越して「嫌な気持ち」「罪悪感」などを感じたりします。
受ける側がある種の「無力感」を感じてしまうわけですね。

|作戦その④~復讐~


作戦その③の『権力闘争』では、相手に負けまいと力比べをしてくるわけですが、今回の作戦その④では『権力闘争』に子どもが負けてしまい、力で勝てないならせめて直接的な方法ではなくても傷つけてやる…となるわけです。

その具体的な方法としては、例えば何を言っても言うことを聞かない、非行に走る、不登校になる、自傷的になるなど、大人が声をかけてもその努力を一瞬で消しさります。

作戦その③では子どもはある種仲間たちから「英雄」的な立ち位置で見られることもありますが、『復讐』段階では仲間たちや大人からも「悪者」として扱われます。

そしてどちらかというと大人に直接目の前で何かをするというよりは、陰で企み、大人の声掛けに対しては後味悪く反応してくるような段階です。

|『復讐』への対処法


この段階まで来ると当事者ができることは実は少ないのです。

『復讐』段階の子どもに対して、いかなる働きかけも心に届きません。
まずは第3者に協力を仰ぎたい。先生ならば、その子と関係を持てる同僚の先生であったり、母親であれば父親へ、父親であれば母親へなど。

そそてあなたにできることはまず自分の非を認めることです。
自分が傷をつけたつもりはなくても、あなたに『復讐』しているのなら相手が傷ついていることは事実です。
「自分も傷ついている」など思っても言ってはいけません。大人側からの『復讐』として受け取られてしまい、ますます遠くに離れていってしまいます。
しっかりと非を認め、謝ることをまずしたいです。
そして、その子の了解を得たうえで、クラスないし家庭で話し合いの場を設け、協力を仰ぎ、その子をサポートしてくれるようにお願いしたい。

しかしもしその子が学校そのものや家庭そのものに不信感などを抱いているのであれば、やはり専門家の援助が必要です。

|まとめ


『復讐』段階まで来ると、当事者にできることは本当に少ないです。
『復讐』段階まで来る前に子どもと向き合い、問題を解決することが何より大切だと私は思います。

とにもかくにも、このような問題行動を起こす子どもが出るというのは、その子自体に問題があるわけではありません。その問題行動は必要があって行っているんです。それは何のためかというと、クラスや家庭などの「共同体」に所属したいから。

その「共同体」に競争原理が働いていれば、当然何かしらの戦いに負ける子が出てくるわけです。そういった子は健全な方法ではその共同体に所属できないと思い、注目をひいたり、大人と戦ったり、復讐したりするわけです。

だから子どもを責めたりするのは少しズレているんだと思います。
改革すべきは共同体に働いている「雰囲気」や「ルール」ですね。競争原理をやめて協力原理が働く共同体にしたい。それは『縦の関係』ではなく『横の関係』で、お互いが信頼しあい、お互いに協力して、貢献しあえて、自分の居場所がある、そんな共同体です。

みなさんのクラスや家庭はどんな雰囲気ですか?
たまに立ち止まって見つめなおしてみるのも有意義かもしれません。

初回メール相談無料

【12月1日@西新宿】アドラー心理学の交流会やります!

カウンセラーの田山です。 

あたたかくなったり、寒くなったり。
気温の上下も忙しければ、それにともない体調の上下も激しくなりますね。
無理をしすぎないが吉ですよ。 

さて、今週の日曜日12月1日に西新宿のタリーズコーヒーにて14時からカウンセリング会社LIFE FACTORYさんの企画で『アドラー心理学 勇気づけ交流会』をさせていただくことになりました。

アドラー心理学勇気づけ交流会

 定員は4名ですでに2名ほどお申し込みをいただいているようです!
(私のところには通知がこない…) 

このブログを読んでくださっている方はおそらくご存知の通り、私はアドラー心理学ひとすじ、専門の心理カウンセラーです。

 書籍の『嫌われる勇気』シリーズも先日200万部を突破したようで、それを記念した金色と銀色に光る特別装丁版が本屋に並んでいましたね。
 ただ一般向けの書籍だけに、読者の間で解釈に少し誤解が多いのも事実…。 

この交流会ではより正統的で伝統的なアドラー心理学の姿をお伝えできるような会にしようと思っています。 

内容としては、アドラー心理学の講座と勇気づけのワーク、悩みのシェア、カウンセリングを予定しています。

お時間は2時間ですが、割とてんこ盛りな内容となっておりますね。

 アドラー心理学は『使用の心理学』です。
使わなきゃ意味はないんです。
実践してこそ生きてくる。 
使う場面というのはもっぱら日常生活ですね。
日々の生活の中で使う。
使うとどうなるかというと、考え方が明るく前向きになったり、人間関係での悩みに頭を抱えなくなる。とにかく自分が変わる、変われる。

 従来の心理学のイメージですと『ありのままの自分を受け入れ、他人に縛られずに自分らしく自由に生きて良いんですよ』ってイメージが強いと思いますが、アドラー心理学にもそういった側面があることはありますが、少しニュアンスが違うんですね。

 アドラー心理学は『それぞれが自立した精神を持って、自分の選択に責任を持ち、周りを信頼し、そして協力しながらより良い人間関係』を目指したいんです。 

自己成長です。 
アドラーは、その姿は分からないけど、あるであろう「絶対の真理」に向けて人間は成長していきたい気持ちがあると言っていました。その姿勢は常に未来にある目標に向けて、今の行動を考えます。 

だからアドラー心理学では過去を重視しないんです。どんな過去を抱えててもいい。それらの過去が自分の運命を決めるわけじゃない。 

未来を見据えて『今』を見る、前向きで明るい解決思考型の心理学です。 

アドラー心理学に興味がある方、学んでみたい方、人間関係で悩んでいる方、自分に自信が持てない方、悩みを聞いてほしい、解決したい方はぜひ来てくれたら嬉しいです。
きっとお役に立てると思いますよ。 

普段、アドラー心理学を勉強している方からもご質問いただいたりすることもありますので、アドラー心理学を生きる方達がきっと周りにもいらっしゃるんだと思います。

そんな方達とも親交を温めたいですね。 
ぜひ色んな話を共有して、より良い人生を送るべく良い時間にしませんか? 

お申し込みはこちらからできるようです。

アドラー心理学勇気づけ交流会

みなさまとお会いできること、楽しみにしています。

初回メール相談無料

【相談内容】夢や目標を持つのが怖い。

ご相談の掲載許可をいただきましたのでご紹介させていただきます。

Q
はじめまして。
私は今高校3年生で、最近まわりの友達がよく夢や目標について話しているのを聞くようになり、よくそんなに軽々しく夢や目標を口にできるなと少し困惑しています。私自身、まだやりたいことも見つからず、それでいて夢や目標を持つのが怖いのですが、私がおかしいのでしょうか。(17歳・女性)

※メールでのカウンセリングは、 内容を匿名にてブログやSNSなどに掲載させていただくことを条件に初回を無料で行っております。

A
はじめまして、カウンセラーの田山です。
この度はご連絡ありがとうございます。

まずお答えさせていただくと、全然おかしくないと私は思う。
先のことは誰にも分かりませんから、怖くて当然です。
だから怖がっていいんです。それは正常な反応だと思うんです。

ただ周りが頻繁に口にしていると、どうしても自分と比較して心配になる部分はあると思います。「みんなは怖くないのか」「私は夢や目標がない」「どうしてそんな簡単にやりたいことを設定できるのか」などなど。
でも夢や目標を持つタイミングというのは人それぞれですから、早い人もいれば遅い人もいる。これはどちらが良い悪いではなく、人それぞれなのでそもそも比べられない事柄のように感じます。

以上のことからご質問者さんは全然おかしいとは私は思いません。
どうか安心してほしい。

ただ私は実は別の所が気になっていて、ご質問者さんは夢や目標を「一度設定したらやり遂げないといけないもの」「簡単に変更したりできないもの」って心のどこかで思っていたりしませんか?

アドラー心理学では行動や状況には「目的」があると考えていて、夢や目標が見つからない、決まらないってのは、すごいシンプルに言えば見つけたくない、決めたくないとも言えたりします。もちろんこの言葉の中にはたくさん意味が入っていて、例えば「目標が叶わなかったら…」「夢破れて傷ついたら…」といった自分を守ろうとする防衛本能がある程度の状況を作っているとも言えます。
また質問者さんの夢や目標の「概念」のようなものが頑なだったりすれば、それも夢や目標が見つからず、自分が恐怖を感じる一つの要因かもしれません。

もしそのように考えていたのなら、一度自分自身に問い直してほしいんですね。

私は、基本的に人は自分で縛らないかぎりは自由だと思うんです。
だから目標だって途中で変わっていいし、夢だって叶わなくても大丈夫。それに夢を絞らなくてはいけない法律もありません。生きている限り、夢や目標は自分の好きなタイミングで設定できるし変更できるし辞める事だってOKなんです。

そう考えたら夢や目標も設定しやすくないですか?小さくても、とんでもなくスケールがでかい事でもいいんです。

そして多分怖さってのは達成できなかったり失敗することへの恐怖だと思うんです。
でもそういった考えだと、成功しなきゃ人は幸せになれないことになりそうなので、私自身の人生には採用していないんです。

大事なのは過程です。
設定した夢や目標に対して、自分はどれだけ充実して過程を楽しむことができたか。
過程を楽しむことができれば必ず自分の力となって着々と成長できます。
結果だけ見たら、失敗した場合、それまでの努力も一緒に否定してしまう事になりますが、「自己成長」を目的とするなら、いくら失敗しようが挫折しようが関係ありません。何度でも何歳からでも再挑戦できます。

私からのおすすめは、「軽々しく」は好みではありませんが、「軽やかに」夢や目標に向きあってほしいと思います。別にハチマキ巻いて、歯を食いしばって、徹夜して、苦しみながらやらなくても全然問題ないと思うんですね。そういうやり方を否定はしませんが、個人的には前に進むのに重さを感じるかな。
明るく、軽やかに、そして楽しく夢や目標に対して『今、自分にできること』と向き合っていく、そんなやり方も一つアリなのではないでしょうか。

周りと比べず、自由に軽やかに考えていってみてくださいね。

初回メール相談無料

アドラーの小話『音楽を諦める必要はあるのだろうか』

今日は趣向を変えて、オーストリアの精神科医アルフレッド・アドラーのエピソードをお話ししようと思います。
今日のお話はプロのピアノ伴奏者になろうとウィーンの音楽アカデミーを受けた人のアドラーとの思い出です。

“アドラーの小話『音楽を諦める必要はあるのだろうか』” の続きを読む

好きな人を目の前にすると上手く話せない人のためのアドラー心理学。

好きな人がいるんだけれど、いざその人を目の前にすると緊張してうまく話せない。顔も赤くなるし、変なこと言ってしまいそうで、どう思われるか不安で仕方がない。そんな思いをしたことはありませんか?
今日はそんな思いを少しでも軽くできるようなお話をしたいと思います。

“好きな人を目の前にすると上手く話せない人のためのアドラー心理学。” の続きを読む

カフェで『席を譲れ空気』を出しながら待ち続ける人の行動を心理学で考える

興味深いことがあったんです。満席のカフェで、ひたすら「長いのよね〜。なんで空かないのかしら。もう帰ろうかしら。」と利用客に聞こえるような声でつぶやきながらテーブルの側に立ち、どかせようとする方に遭遇したんです。

“カフェで『席を譲れ空気』を出しながら待ち続ける人の行動を心理学で考える” の続きを読む

人間関係がうまくいかない時に確認したい4つの事。

最近なんだか人間関係がうまくいかない。
もしくは以前からうまくいった試しがなく、いつも決まって争って終わる。
そんな状況に陥っていませんか?
人間関係がうまくいかない時は、できてると思いつつも実はできていない「ある事」があるんです。それを今回は見ていきましょう。

“人間関係がうまくいかない時に確認したい4つの事。” の続きを読む