心理カウンセラー紹介

心理カウンセラー 田山 夢人 (たやま ゆめひと)

はじめまして。
心理カウンセラー、田山と申します。サイトをご覧いただきありがとうございます。

いつも言い合いになってしまったり、相手に対する苛立ちや不安感、恐怖、もどかしい気持ちを何とかしたいと思っているけれど、同じところをぐるぐると回ってしまい、結局いつもと同じ結果になってしまう…。

もしくは日々漠然とした不安に襲われたり、自分に自信が持てずに自分の思うように行動ができない。こんなはずじゃなかったのに…、そんなお悩みを抱えていませんか?

そのお悩み、私と一緒に解決できるかもしれません。

想像してみてください。
自分を苦しめる思考や感情が頭の中をぐるぐるとひしめき合い、それにより上手くいかなかった日常生活、人間関係、もっと言えば自分の人生、生きている意味が見いだせなかった自分。

これらがもし、困ることがあっても悩むことはグンと減り、自分という存在に自信が持てて、人間関係はもちろん仕事でも上手くいくようになり、あれだけ悩んでいた日々が嘘のように、今では笑顔あふれる楽しい毎日になるとしたら…。

人によっては友人が増えて趣味やレジャーの時間も増えるかもしれないし、職場では頼られるようになって仕事での充実感が増える人もいるかもしれない。人によってはカウンセリングがきっかけで自分の強みを理解して独立・起業し、成功した人もいた。頼みごとを断れない人が、自分を大切にして勇気を出して断れるようになったことで逆に仕事の効率も上がり、逆に仕事仲間から信頼を得られたと嬉しい報告をくれた人もいました。

人生は変えられるんです。

諦めているでしょ。
大丈夫です。
あなたが変わろうと心から願うなら、人生は必ず変わります。

ただ変えるのにはコツがいるんですね。
「自分を受け入れる」ということです。

これを最初にやらないと何も始まらない。

私は今になって昔を振り返るんですが、確かに好きなことができてきたし、させてもらえていた。それにこれは私の勝手な主観かもしれませんが、周りからの期待もかなり背負っていたと思うんですね。「何とか形にしなきゃ!」「みんなが望む自分でいなきゃ!」と自分に言い聞かせながら日々を過ごしていました。

そうしてどうなったでしょう。

大学入って始めた飲食のバイトでは「良い人」や「できそうな人」を演じるのに必死で、肝心の仕事内容が上手くいかず、職場での人間関係は最悪でした。舌打ちはされるは邪魔扱いされるは、散々でしたね笑

結局そのバイトは1年ほどで辞めましたが、辞める頃には仕事に行こうとすると目蓋が痙攣するようになるし、職場に向かう路線に乗ろうとすると動悸がひどくなり乗れなくなったし、人ごみを歩くのがとても苦手になり、今まで自信満々だった人前で話すことも苦手になっていきました。

その後は早朝の映画館の清掃とかもしましたよ。やっていて思いました。「自分は何をしているんだろう」と。

でも大学も終わる頃になると「あれ、自分が本当にしたいことはこれなのかな」と思うようになり、卒業後はオペラの研修所に2年行っていましたが修了する時にはすでに心も固まったようで、「自分はこれをしたいのではない」と思うようになりました。

こう思えたのは一つ前進ではあったと思うんです。でもやはりまだ周りから見た「良い人」を引きずりながらの日々がしばらく続きます。

引きずりながらも、じゃあ自分は何をしようとなった時、かねてから縁のあった教室でヴォイストレーニングと話し方の講師をはじめ、「声」や「コミュニケーション」に悩みを抱える生徒さんたちにレッスンを行っていくことになるんです。これは今思うと自分にとってある意味転機だったかもしれない。話し方のレッスンで私や教室が想定していたのは滑舌や発声の悩みを持つ方々だったんですが、いざ体験レッスンなどにいらっしゃる方々は、例えばあがり症で人と接することに苦手意識があったり、吃音や心理的な要因からくる発声困難など、私が音楽大学時代に培った発声のスキルだけでは解決できない内容だったんです。

そんな時に出会ったのが心理学であり、アドラー心理学でした。

これを学び、レッスンで活かしていくことで生徒さんたちも改善していったし、何より私の心も癒されたというか、変わっていった気がするんです。私自身が持っていた目蓋の痙攣や、動悸の症状、人前で話すことの恐怖などもいつの間にか消えていったのは不思議でもあり嬉しい体験でした。何がどうなって改善したかって、きっとそんな自分を許せたからだろうなと思うんです。受け入れることができて、その上でそんな自分にできることは何だろうと前に進むことができた。

心理療法やカウンセリングは一種の心理的な「治療」と捉えられているかもしれませんが、確かにそういう面もありますが、何より心理療法というのは「学び」なんですね。心や自分のあり方、世界の捉え方を学んでいき、人と関わる時にどうしたら協力的で平和的に暮らすことができるか、これを学んでいき、かつ日常で実践していくことで驚くほど人生変わっていきます。

その後、私の話し方のレッスンは評判が伝わりマンツーマンだけではなく、グループセッションに発展し、他の地域の教室からも毎月生徒さんたちが集まるようになりました。緊張でいっぱいだった生徒さんたちの顔が、最後にはみなさん明るく笑顔で教室を出ていく、そんな風景を見られるようになったのはとても嬉しかった。

そこからかな。色々なことが動き始めました。

講師業をしながら昔から描いていた絵を再開させ、たくさん作品を描き、それを活かして「デザイン」という道にも発展させ、最初の頃はLINEのスタンプやスマホケースなどを作り、実際にありがたいことに受注も受けられるくらいになっていました。それが徐々に発展していきますと私も多少名が知られるようになりまして、私は音楽業界を中心に演奏会のチラシや音楽家の名刺をデザインするようになっていきました。

でも伸び悩んだんですね。受注はもちろん頂いていましたが「これでは生活が難しいかもしれない」と思い、フリーでの活動は一時縮小しまして、デザイン会社を自分の作品集片手に片っ端から面接を受けに行きました。あの時の行動力、自分でもすごいと思います。笑

そんな美大もデザイン学校も出ていない私がなんとデザイン会社に入ることができたんです。嬉しかったですね。グラフィックデザイナーとして認められ、働くことができた。講師業を一旦辞め、その間、ひたすらにデザインの日々でした。かなりスキルも上がったし、スピードも上がったし、多くの事をそこで学ぶことができました。

ただ残業やそこでの働き方のスタイルは徐々に私の体を蝕みはじめまして、ついにある夏の朝、満員の通勤電車の中、私は意識失って倒れてしまったんですね。

当然会社に行くこともできずその日は休みましたが、後日出社した時、朝の出社連絡のチャットがあるんですが、すごい印象に残っているメッセージがあったんです。

「電車の中で倒れ運ばれましたが、この後遅れて出社します。」

これは私の主観的な意見ですが、その時の私は明らかに「当てつけかな」と思いました。笑
そして同時に「それが当たり前なの?」と疑問にも感じました。

その後、その会社では様々に思うことが起きまして、私もそこの会社にはそれ以上体力的にも精神的にもいられないなと諦めがついたと同時に、「自分でやっていく」と強く決心を固め、退社しました。

退社後、一気に今までの心や体の状態が嘘のようにすっきりしたのを覚えています。会社に行かなくてもいい、朝に満員電車に乗ることもない、自分のペースで仕事をすることができる!と、世界が凄く明るく、空気がとても澄んで感じたのを鮮明に覚えています。

デザインのお仕事は、個人からデザイン事務所に形態を変え宣伝を再開し始めると、受注もみるみる頂けるようになり、今までの取引先は個人だけだったのが、企業や学校法人なども増えていき、神奈川県の委託プロジェクトの一環で、チラシデザインに関する講師をするまでになりました。

そしてデザインはさらに派生し、仲間内で「手仕事」と「体験」に重きを置いたファッションブランド事業も始め、そこで行われるワークショップなどは今でも全国から多くの方が参加してくださっています。ちなみにそこでは私はお洋服を担当していまして、実は服を型紙を作るところから縫製まで一人で担当しています。ビックリですよね。

また一旦中止していた講師業も再開し、話し方のレッスンからは、より心理的な悩みを抱える方を対象に教室の枠組や思惑、利益などに縛られずに集中してセッションができるよう、心理カウンセラーの資格を取ってカウンセリングセッションとして独立させました。

この独立させたカウンセリングセッションが、当心理カウンセリングオフィス「いま、ここに。」の走りとも言えますね。前述したイラストレーター、デザイナーとしての経験、色彩心理を学びカラーコーディネーターの資格も活かしアートセラピーも行っているんです。

おかげさまで素敵なご縁をたくさんいただき、来て下さる多くの方が新しい人生にシフトして言ってくれています。一人ひとりの持っている力ですね。みんな変わる力を持っているんだなと確信せざるを得ない光景をいつも見せつけられていて私自身の励みにもなっています。

この文章を読んでいるあなたも例外ではありませんよ?

さて、ここに書き切れていないことはまだたくさんありますね。

とはいえ、何が言いたいかと言いますと、「自分らしさ」を理解し、「自分を受け入れる」ことを始めますと、人生動き出すんです。悩みは消えるんです。症状も治るんです。

今の私は毎日が楽しい。

人と比べることもなければ、自分を否定することもない。それでいて必要としてくれる人ともつながることができている。自分に合った、自分の力を活かせる、自分らしい人生を送っているんです。

私自身、自分のことを克服してきたし、生徒さんや相談者さんを解決に導いてきた中で、確かに私のカウンセリングでは不安も改善するし、あがり症治ったりするし、悩みも解決して、顔晴れやかにセッションを終えていく方が多い自信があります。1,500件以上の実績もその助けとなっているのかもしれません。

でも私の本当に提供したい価値は、別に何かが治ったり改善するところに留まらないんです。

「自分らしい、新しい人生、楽しくてたまらない毎日」

これを提供したいんですね。

「自分らしい」というあり方は人によって様々だと思う。私にとっては独立だったけど、別の人にとっては違う形かもしれません。「その人らしい」を追求し、そこに導いていくことが私の仕事だと思っています。

今の生活や人生のままで満足なら、私のカウンセリングを受ける必要はないかもしれません。そう思うこともOKだと思います。

ひとたびセッションが始まったら少しずつ人生が変わっていきます。幸せになってもいいと思える覚悟ができていないなら、問い合わせはせずにこのサイトは閉じてもらった方がいい。

でも幸せになる覚悟を決めた方は、ぜひ私と一緒に初めのステップから歩みだし、一緒に今までとは違う先の未来を見ようじゃありませんか。

持ち物は「幸せになってもいいと思える覚悟」、それだけです。

ここまで読んでくださったあなたとお話しできること、楽しみにしていますね。


田山夢人 心理カウンセラー/話し方・コミュニケーション講師/イラストレーター

【所有資格】
・一般社団法人JAFA 心理カウンセリングスペシャリスト
・社会教育主事補
・文部科学省後援色彩検定カラーコーディネーター

【修了したトレーニング】
日本アドラー心理学会 アドラー心理学基礎講座応用編
日本アドラー心理学会 アドラー心理学基礎講座理論編
日本アドラー心理学会 特殊講義と演習「勇気づけ」
日本アドラー心理学会 特殊講義と演習「カウンセリング」

【所属学会】
・日本アドラー心理学会

【主催講座】
・ASAO ADLER STUDY あさおアドラー心理学勉強会
・『嫌われる勇気』深読み講座(ZOOM限定オンライン講座)

初回メール相談無

TOPに戻る