いいところに目を向けたい。

12月もすでに半ば。
師走というだけにあっと言う間に今年も過ぎ去ってしまいそうですね。
年始、年明けのカウンセリングスケジュール早めに出しますね。

さて、今日は何について書こうかというと、タイトルにあるように「いいところに目を向けたい」ということです。いつもと違って私の思いをただただ書いていく記事になりそうです。

日常生活でも、対人関係でも、悪いところにはすぐ目が行くものですよね。
これって人間が動物である以上、仕方がない事なんだそうですよ。生き残らないといけないし、悪いことは危険ってことですから、それを回避するために注目がいくわけです。

しかし確かに入り口が悪いところにせよ、その後の行動で何を、どの部分を受け入れるかは全くもって自分次第だし、選ぶことはできるとアドラー心理学では考えたいし、私もそう考えたいんですね。

例えば家族で暮らしていたりすると、ある時相手の嫌いな部分がみえてどうしようもなく嫌になるわけですよ。もうこの人とはやっていけないわって。

でもこれってとても勿体ないと私は思うんです。
多分その嫌な部分って、その人のほんの一部だと思うんですよね。10あったら1~2くらいだと思う。これが過半数だったらそもそも付き合い自体がないでしょうからね。つまり残りの8~9ってのは良い部分というわけですよ。でもどうやらその8~9もある良い部分には目を向けたくないらしいんです。1~2しかない嫌な部分で人を評価してしまう。こう考えてしまうのは私個人的には自分にとっても相手にとってもあまり幸せではないなと思うんですよね。1日のうち3分だけ嫌なところがあるだけならそこに目を向けず、残りの23時間と57分良い人なわけですからそこを認めてあげて、自分自身も幸せだなと感じたいですよ。

そして嫌な部分を見てしまう人についてもう一つ私が思うのは、きっとこういった人は目の前の相手と暮らしていないんではないかなと思う。多分自分の中に理想の相手がいて、その人と暮らしている。だからきっと8~9割の良い部分しか認めず、しかもそれがもはや10割で当たり前と化して、幸せな状況や感謝などを忘れちゃうんだと思うんです。だからたまに出てきた悪い部分は絶対的な悪で排除しようとしちゃう。

人間って不完全な存在ですから、1~2割の悪い部分があるなんて当たり前ですよ。じゃああなたは完璧なんですか?って私は聞きたい。笑
自分にも相手にとってよろしくないと思われるところがあるだろうに、自分は良くて相手は許さないのはちょっと優しくないんじゃなかなと思うんです。

1~2割の悪い部分があるからこそ、その人の良さは際立つし、 その人はその人で「或る」ことができるんです。

これは何も人間関係だけではなくて、例えばお買い物でもそう。
着目するところのお話ですから、お金を払う、ものを手に入れるって二つの現象があるならどちらに注目する人生にするかってことです。これも自分で選ぶことができますね。

例えば不幸に感じてしまう人はもしかしたら「お金を払う」というところに注目してしまうのかもしれません。お金を払うことで、お金が減りますよね。数字が減ったところを注目して、心が貧しくなる。でもきっと幸せな考え方の人は「ものを手に入れる」というところに注目して、生活が豊かになったとか、自分の気持ちが満たされたとか考えるかもしれない。お金を払えた自分も凄いと思えるかもしれない。

起きた現象や客観的な事実はあるがままですが、それをどのように受け止めるか、どの部分を受け入れるかは自分が決めることができるし、決めることができるということに気づいて、内なる自由を獲得出来たら私は幸せだと思うんです。

まぁ私が何と言おうが、生き方は人それぞれですし、私も別に「この生き方は悪い!」と他人の生き方を否定するつもりも全くありませんから、ご自身の好きなように生きていただいたらそれでいいと思います。ここまで言っておきながら。笑

ただ私は「こういう生き方は私にとってはとてもいいと思うんだけど、どうですかね?」ってくらいのスタンスでいつもお話ししたいと思っております。

初回メール相談無料

クラスで問題行動を起こす子どもの5つの作戦と対処法~その④『復讐してやる…。』

「子どもの問題行動5つの作戦」の今回は第4回目です。
前回は『権力闘争』でしたが、この段階でさらに勇気をくじかれると、その行動は『復讐』へと歩みを進めます。

前回の作戦その②『権力闘争』の記事を読まれていない方はぜひこちらをご覧ください。

『復讐』段階にきますと、中々一筋縄ではいかなくなります。
本来はこの段階に来ますと専門家の対応が必要になりますが、自分たちにできることも考えてみましょう。

作戦を見極める


よく『権力闘争』と『復讐』段階の見分け方が分からないというご質問を頂くことがありますので、少しそこについてお話しします。

『権力闘争』の時には、受ける側は「怒り」や「苛立ち」を覚えます。相手も自分はあなたより上だということを証明したいので、徹底的に挑発してくることが多いです。
それに対して『復讐』段階では、「怒り」や「苛立ち」を通り越して「嫌な気持ち」「罪悪感」などを感じたりします。
受ける側がある種の「無力感」を感じてしまうわけですね。

|作戦その④~復讐~


作戦その③の『権力闘争』では、相手に負けまいと力比べをしてくるわけですが、今回の作戦その④では『権力闘争』に子どもが負けてしまい、力で勝てないならせめて直接的な方法ではなくても傷つけてやる…となるわけです。

その具体的な方法としては、例えば何を言っても言うことを聞かない、非行に走る、不登校になる、自傷的になるなど、大人が声をかけてもその努力を一瞬で消しさります。

作戦その③では子どもはある種仲間たちから「英雄」的な立ち位置で見られることもありますが、『復讐』段階では仲間たちや大人からも「悪者」として扱われます。

そしてどちらかというと大人に直接目の前で何かをするというよりは、陰で企み、大人の声掛けに対しては後味悪く反応してくるような段階です。

|『復讐』への対処法


この段階まで来ると当事者ができることは実は少ないのです。

『復讐』段階の子どもに対して、いかなる働きかけも心に届きません。
まずは第3者に協力を仰ぎたい。先生ならば、その子と関係を持てる同僚の先生であったり、母親であれば父親へ、父親であれば母親へなど。

そそてあなたにできることはまず自分の非を認めることです。
自分が傷をつけたつもりはなくても、あなたに『復讐』しているのなら相手が傷ついていることは事実です。
「自分も傷ついている」など思っても言ってはいけません。大人側からの『復讐』として受け取られてしまい、ますます遠くに離れていってしまいます。
しっかりと非を認め、謝ることをまずしたいです。
そして、その子の了解を得たうえで、クラスないし家庭で話し合いの場を設け、協力を仰ぎ、その子をサポートしてくれるようにお願いしたい。

しかしもしその子が学校そのものや家庭そのものに不信感などを抱いているのであれば、やはり専門家の援助が必要です。

|まとめ


『復讐』段階まで来ると、当事者にできることは本当に少ないです。
『復讐』段階まで来る前に子どもと向き合い、問題を解決することが何より大切だと私は思います。

とにもかくにも、このような問題行動を起こす子どもが出るというのは、その子自体に問題があるわけではありません。その問題行動は必要があって行っているんです。それは何のためかというと、クラスや家庭などの「共同体」に所属したいから。

その「共同体」に競争原理が働いていれば、当然何かしらの戦いに負ける子が出てくるわけです。そういった子は健全な方法ではその共同体に所属できないと思い、注目をひいたり、大人と戦ったり、復讐したりするわけです。

だから子どもを責めたりするのは少しズレているんだと思います。
改革すべきは共同体に働いている「雰囲気」や「ルール」ですね。競争原理をやめて協力原理が働く共同体にしたい。それは『縦の関係』ではなく『横の関係』で、お互いが信頼しあい、お互いに協力して、貢献しあえて、自分の居場所がある、そんな共同体です。

みなさんのクラスや家庭はどんな雰囲気ですか?
たまに立ち止まって見つめなおしてみるのも有意義かもしれません。

初回メール相談無料

【相談内容】夢や目標を持つのが怖い。

ご相談の掲載許可をいただきましたのでご紹介させていただきます。

Q
はじめまして。
私は今高校3年生で、最近まわりの友達がよく夢や目標について話しているのを聞くようになり、よくそんなに軽々しく夢や目標を口にできるなと少し困惑しています。私自身、まだやりたいことも見つからず、それでいて夢や目標を持つのが怖いのですが、私がおかしいのでしょうか。(17歳・女性)

※メールでのカウンセリングは、 内容を匿名にてブログやSNSなどに掲載させていただくことを条件に初回を無料で行っております。

A
はじめまして、カウンセラーの田山です。
この度はご連絡ありがとうございます。

まずお答えさせていただくと、全然おかしくないと私は思う。
先のことは誰にも分かりませんから、怖くて当然です。
だから怖がっていいんです。それは正常な反応だと思うんです。

ただ周りが頻繁に口にしていると、どうしても自分と比較して心配になる部分はあると思います。「みんなは怖くないのか」「私は夢や目標がない」「どうしてそんな簡単にやりたいことを設定できるのか」などなど。
でも夢や目標を持つタイミングというのは人それぞれですから、早い人もいれば遅い人もいる。これはどちらが良い悪いではなく、人それぞれなのでそもそも比べられない事柄のように感じます。

以上のことからご質問者さんは全然おかしいとは私は思いません。
どうか安心してほしい。

ただ私は実は別の所が気になっていて、ご質問者さんは夢や目標を「一度設定したらやり遂げないといけないもの」「簡単に変更したりできないもの」って心のどこかで思っていたりしませんか?

アドラー心理学では行動や状況には「目的」があると考えていて、夢や目標が見つからない、決まらないってのは、すごいシンプルに言えば見つけたくない、決めたくないとも言えたりします。もちろんこの言葉の中にはたくさん意味が入っていて、例えば「目標が叶わなかったら…」「夢破れて傷ついたら…」といった自分を守ろうとする防衛本能がある程度の状況を作っているとも言えます。
また質問者さんの夢や目標の「概念」のようなものが頑なだったりすれば、それも夢や目標が見つからず、自分が恐怖を感じる一つの要因かもしれません。

もしそのように考えていたのなら、一度自分自身に問い直してほしいんですね。

私は、基本的に人は自分で縛らないかぎりは自由だと思うんです。
だから目標だって途中で変わっていいし、夢だって叶わなくても大丈夫。それに夢を絞らなくてはいけない法律もありません。生きている限り、夢や目標は自分の好きなタイミングで設定できるし変更できるし辞める事だってOKなんです。

そう考えたら夢や目標も設定しやすくないですか?小さくても、とんでもなくスケールがでかい事でもいいんです。

そして多分怖さってのは達成できなかったり失敗することへの恐怖だと思うんです。
でもそういった考えだと、成功しなきゃ人は幸せになれないことになりそうなので、私自身の人生には採用していないんです。

大事なのは過程です。
設定した夢や目標に対して、自分はどれだけ充実して過程を楽しむことができたか。
過程を楽しむことができれば必ず自分の力となって着々と成長できます。
結果だけ見たら、失敗した場合、それまでの努力も一緒に否定してしまう事になりますが、「自己成長」を目的とするなら、いくら失敗しようが挫折しようが関係ありません。何度でも何歳からでも再挑戦できます。

私からのおすすめは、「軽々しく」は好みではありませんが、「軽やかに」夢や目標に向きあってほしいと思います。別にハチマキ巻いて、歯を食いしばって、徹夜して、苦しみながらやらなくても全然問題ないと思うんですね。そういうやり方を否定はしませんが、個人的には前に進むのに重さを感じるかな。
明るく、軽やかに、そして楽しく夢や目標に対して『今、自分にできること』と向き合っていく、そんなやり方も一つアリなのではないでしょうか。

周りと比べず、自由に軽やかに考えていってみてくださいね。

初回メール相談無料

クラスで問題行動を起こす子どもの5つの作戦と対処法~その③『ぜったいに負けない!』

「子どもの問題行動5つの作戦」 、今回は第3回目です。
すぐ言い争いをしたり、口ごたえする。もしくは言いつけを絶対に守らないなど、徹底的に親や先生に対して反抗を貫く子どもたちがいます。
親や先生が本気で腹を立てて、「この子をなんとかしなければ!」と思うようであれば、それは作戦その③の『権力闘争』の段階に入っているかもしれません。

“クラスで問題行動を起こす子どもの5つの作戦と対処法~その③『ぜったいに負けない!』” の続きを読む

クラスで問題行動を起こす子どもの5つの作戦と対処法~その②『何としても目立ってやる!』

前回から始まりました「子どもの問題行動5つの作戦」 、今回は第2回目です。
クラスや家庭で、本気で腹は立たないまでも、イタズラをしきりにしてくる子どもたちがいます。注意をしてもまたイタズラをする。中々やめてくれない子どもたちのこういった行動も、実は5つの作戦の1つなんです。

“クラスで問題行動を起こす子どもの5つの作戦と対処法~その②『何としても目立ってやる!』” の続きを読む

クラスで問題行動を起こす子どもの5つの作戦と対処法~その①『褒めるな、キケン』

いわゆる「問題行動」を起こす子どもには、必ず『目的』が存在します。
子どもたちの問題行動の目的や適切な対処法を知っておくと、自分たちにとっても、子どもたちにとっても、クラスや家庭においても素敵な結果をもたらしてくれます。
今回から「問題行動の5つの作戦」を5回にわたり解説していこうと思います。

“クラスで問題行動を起こす子どもの5つの作戦と対処法~その①『褒めるな、キケン』” の続きを読む

道徳教材『かぼちゃのつる』が批判されていたので、アドラー心理学で考えてみた。

先日、Twitterで小学校の道徳教材で使われている『かぼちゃのつる』という教材の教える内容が「ひどい」と盛り上がっていたのでちょっと調べてみたんです。
学習指導要領などの前情報をなしに全文を読んでみると、個人的には「そんなに問題か?」と思いました。この作品はアドラー心理学の視点で考えると割と合点がいくように思いますので、解説してみますね。

“道徳教材『かぼちゃのつる』が批判されていたので、アドラー心理学で考えてみた。” の続きを読む