性格を変えようとしない。

こんにちは。
カウンセラーの田山です。
お盆の時期ですね。
みなさんはいかがお過ごしですか?

突然ですが、みなさんは例えばイライラしたり不安になったりが日常的に続いたら、この自分の性格を何とかしたいなぁとか考えたりしませんか?

こんな性格じゃなきゃよかったのに!
性格を直さなきゃ!
心を入れ替えなきゃ!

といった感じに。

この考えに陥るとどんどん自分で自分の人格を否定していっちゃうんです。

実際、カウンセリングを行っているとこういった場面に出くわします。

でも私は思うんですね。

別に性格を直そうと思わなくてもいいと思う。
果たして性格さんたちが悪さしているんですかね?
必ずしも心を入れ替える必要もないんじゃないかなと思う。

仮に自分にとって決していいとは思えない性格だったとしても、それは自分を今この瞬間まで生かしてきてくれた立派なものなんです。

悪い性格だと思っても、そんな自分でいてくれたからここまで来られた。

敵じゃなくて自分のかけがえのない仲間であり、自分自身なんです。

そもそも性格や心っていまいち正体分からないじゃないですか。体の胸の部分か頭か知らないけど、パカッと開いて体の中を見ても「性格」や「心」って見つけられないでしょ?

私たちには観察することができない「概念」でしかないんです。

私はアドラー心理学を専門としていますが、アドラー心理学でもあまり「性格」って考え方しないんです。

「性格」って言ってしまうと、もうすでに決まっていて変えられなさそうな印象ありませんか?

例えば「私は怒りっぽい人なんです」とか「さみしがり屋なんです」とか「引っ込み思案なんです」とか。

自分を決め込んでしまっているとちょっと具合悪いから、アドラー心理学では性格のような概念を「ライフスタイル」って呼ぶことにしているんです。

「ライフスタイル」っていうのは、大体10歳ごろまでに決まってくるといわれている、その人その人ごとにある思考や行動の癖のようなものです。

こう考えると変えられそうだし、希望持てるでしょ?

だからそもそも「性格」や「心」、あるいは「人格」という前提でお話をしなくてもいいんじゃないかなと私は考えます。

じゃあ性格を変えないでどうやってこの日々のイライラや不安を消せばいいんだ!と聞こえてきそうです。

構造はシンプルなんですよ。

「性格」や「心」は観察できないし私たちが触れることができませんから、私たちに観察ができて触れられるもの、「言葉」や「行動」を変えていきたいんですね。

例えばAさんという方がいたとします。
Aさんが家で家事をしていますね。
そばには恋人がいます。
自分の理想としては自分から恋人に声をかけなかったとしても、恋人は自分のやっている家事に気付いて自ら手伝ってくれることが素晴らしいと思っている。
気づかずにそのまま手伝ってくれなければ私はかわいそうな人で、恋人は悪い人認定となるとします。

これがいわゆる「性格」と思いがちな部分かもしれません。
アドラー心理学では「ライフスタイル」の一部ですね。
思考の癖、その人の中にある自分の理想や人はどうあるべきか、世界はどんなところかというその人の中の「常識ルールブック」です。
この中身は本当に人それぞれで全人類共通のものではありません。
上の内容も一つの例です。

ここで一つ注意ですが、上に挙げた例が「良い」とか「悪い」という価値判断は一切ありません。ただAさんの考え方が「そういう考え方をするだけ」という風にニュートラルに受け取っておいてください。

例に戻りまして、Aさんは家事をしていましたが、結局恋人は最後まで手伝わずに終わりAさんは怒り心頭、大喧嘩…というエピソードだったとします。

Aさんの行動を少し詳しく見ていきましょう。

Aさんのルールブックによると、周りが率先して気が付き、自分の仕事を手伝ってくれたら嬉しいと思っているとも読み取れそうですね。そしてAさんは恋人に対して「声をかけないで気づくのを待つ」という行為を選択しました。

その結果、恋人はAさんの意図を知ることなく、そしてAさんは怒り心頭となり喧嘩に発展してしまいました。

こうなるとよくある展開が「恋人が気づかないのが悪い!」という言い分ですね。

これはAさんのルールブックに対して恋人が違反しましたからこうなるのは当たり前なんですが、このルールブックはあくまでAさんだけのものであって、恋人はまた違うルールブックを持っています。

だからそもそも自分のルールで他人を裁くことはその先の関係にも影響を与えていきます。

相手がどんなに親しい間柄でも、外国の人(法律や文化が違うという意味で)、もしくは宇宙人くらいに思っていた方が便利です。

だから一旦相手のことは置いておいて、自分が、つまりAさんがどんな行為を選択すれば、Aさんも恋人も幸せかなということを考えていきたいんです。

では具体的にどうしていったらいいかの一例を考えていきましょう。

ここで大切なのはAさんの性格がそもそも不便だ!とは考えないことです。
Aさんの考え方もアリだよね、素敵だよね、OKだよねと考えておきたい。

考え方、ルールブックは否定せずに、行為の部分で調整できないか考えていきますと、Aさんの取った行為「声をかけないで気づくのを待つ」、これをもう少し工夫できそうです。

例えば「気づく」ってAさんの行動ですかね?
これって恋人さんの行動で、つまりは相手の課題です。
相手が気づくかどうかは超能力者でない限り、相手の課題であると考えておくと便利ですね。自分にはコントロールできない相手の領域です。

「気づく」を行為から抜き出しますと「声をかけないで待つ」になります。
「声をかけないで待つ」をしていると状況は変わりそうでしょうか。

おそらくまだ恋人さんが手伝ってくれる確率は低いかもしれません。

じゃあどうしたらいいか。

例えば「声をかけてみる」に行為を調整してみる。

「ちょっと手伝ってくれる?」

この一言を声をかけてみれば、相手には「手伝ってほしい」という気持ちも伝わりますし、相手がその後どんな選択をするかはわかりませんが、いずれにしても答えを返してくれる確率がぐんと高まりますね。

これが「言葉」や「行動」を変えていくということで、「行為」の部分ですね。

自分の考えは必ずしも変えなくていいんです。
ルールブックは替えるものではなく、随時更新していくものと考えた方が便利かもしれませんね。

いつも考えるように心で思ってていいから、表の行動の部分だけ変えてみるんです。

「性格が変わらなきゃそんなことできない」という人もいます。

これは嘘なのね。
できるんです。
例えば本当は仕事をやりたくないけど、やらなきゃいけないから仕事をする時とかありません?
これと同じ。
別に仕事をいつでもしたいと思える性格にならなくても仕事をできるでしょ?
突き詰めれば「やりたいか」「やりたくないか」なんです。
だからやろうと思えば誰でもできる。

もしイライラしたり不安になったり、自分にとって上手くいかないことが続くようなら、ある日のできごと思い出して見直してみてください。

そこにはどんな自分のルールブックがあって、自分は相手に何をしてもらいたいのか。
自分だけじゃなくて、相手も幸せになれるような自分の行動の工夫はどんなかを考えてみたら、今までより素敵な人間関係ができてくるし、それに伴って自分のルールブックも自動で更新されてくるかもしれません。

心は悩みが尽きないうちは重いんです。
体より重いと思っていい。

体を先に動かして心を引っ張ってあげたら、いつの間にか心の重さも振り落とされて追い付いてきます。

ちゃんと最後には心と体が一致する日が来ますから、勇気を出して今までと違う行動をとってみてください。

親密になるほど難しくなる人間関係を心理学で考える

職場の同僚や上司や部下との人間関係、普段の友人関係、恋人関係、夫婦関係や家族関係、親子関係などが人間関係としてはあげられますね。どのカテゴリー・ジャンルの人間関係でもいいんですが、親密になればなるほどきっと色々なトラブルも経験していることと思います。そのことについて今回は心理学で考えていこうと思います。

“親密になるほど難しくなる人間関係を心理学で考える” の続きを読む

「嫁姑」の付き合い方をアドラー心理学で考えたい。

もう2019年も終わってしまいますね。
年末になれば帰省して、ご家族と過ごす時間も増えますよね。そんな時によく聞く「嫁姑問題」。なぜこうも上手くいかないのだとお悩みの声が多いのでアドラー心理学的に考えてみようと思います。

今回お話しする内容は、私がアドラー心理学的にどうありたいか、ふるまいたいかの一意見を書くものですので、これが絶対的に正しいとも言いませんし、こうあるべきだ!と押し付けようとするものでもありませんので、参考程度に思っていただけたら嬉しいです。

|「嫁姑」ってネーミングが好きじゃない

まず前提としてお話しておきたいことがあって、今回お話しようとしている内容の人間関係には「嫁姑」って名前がついていますね。
こういった名前がついていると何だか特別に特殊な問題や悩みであったり、関係性であるような感じがするし、とてもネガティブな先入観が入るようで私は好きじゃないんです。

これはアドラー心理学でもおそらくそう考えたいんですが、その人間関係のパッケージというかネーミングというかラベリングというか、何と言ったらいいかわかりませんが、そういうのは関係ないんです。

女性と女性の二人の人間関係があって、たまたまそのうちの一人はご主人のお母さまという役割があり、そのうちの一人はご主人と結婚しているお嫁さんという役割があるだけの他と何ら変わらない一対一の人間関係なんです。

これは何も「嫁姑」だけに限らないんですよ。
例えば「介護」って名前も具合が悪いですね。「介護」じゃなくて、たまたまお手伝いが必要な人と、それをお手伝いする人の人間関係なんです。これも話すと長くなりそうなんでまたいつの機会かにしようと思います。

|息子・ご主人は考えない

今回のお話はお嫁さんの立場でも、お姑さんの立場でも考え方は一緒であることを前提にお話ししていきます。

まず女性一対一の関係性が悪くなる場合、それはアドラー心理学では何かの目的のもとそのような状況をお互いが作り出していると考えたいです。

その目的の一つは息子・ご主人であったりするかもしれない。

例えば息子・ご主人は自分のものだ!とどちらかが思っていたらそれだけで構えが変わりますから上手くいかないでしょうね。そもそも人は人を所有できるとは考えたくありませんし、所有できるものではありません。それが家族であっても夫婦であっても恋人であっても。
しかしそういう思いがどこかにあるのなら、「奪われた」とか「奪われてたまるか」って気持ちが出てきて戦いが始まってきます。そうしたら双方負けたくないですし、お互いそんな態度だったらどちらも憎たらしくて当然ですね。

だからまずは息子・ご主人といえどその人は今対峙している人間関係からしたら第三者ですので持ち込まず切り離した方がシンプルです。

|ルールは違うし、絶対的に正しいものはない

そして例えば他には自分のルールの正当性を競ったりする。
「そんなやり方ダメよ」とか「子どもにそれはしないでほしい」とか。

これももはや二人の構えが「戦い」になってる状態ですのでこうなってしまうのですが、とりあえずはそれぞれ自分のやり方があって、それが正しいと思っているし、自分のやり方を否定されて違う事されれば当然口出したくなるんです。許しがたいんです。負けた気がして。

人はそれぞれ主観の世界で生きています。目の前で起きている現象に対する受け止め方はひとそれぞれです。自分の理想であったり、世界はこういうものだっていうイメージも人それぞれです。一つとして同じ世界はないと思っていただいていい。

違うはずなんだけども、みんな違うことを受け入れたくないか、自分のイメージが正しいと思いたいのか、他人の世界観に対して寛容になれないことが多いらしく、トラブルにつながっていたりしますね。

これは「嫁姑」の人間関係に限らず、どんなところでもみんな違う価値観や考え方を持っていて、それぞれのルールを持っていると考え、それを否定せず尊重していこうという心の在り方を持ちたいところ。別にそうすることが正しいとかではなく、その方が便利ですよってことです。

これで終わるとじゃあ具体的にどうすればいいのと言われるかもしれませんが、それは一概に言えないんです。いろんなケースがありますから。でもあえて言うのであれば、お嫁さんの立場ならご主人の家に行ったら「郷に従え」という言葉もありますから、とりあえずどんなルールでこの家庭はやってきたのかなと思って研究してみたらいいし、むしろそれはご主人のライフスタイルを詳しく知るいいきっかけになるかもしれない。お姑さんの立場だったら、違うルールで育ったお嫁さんに興味関心をもって接し、うちのルールを紹介して、お嫁さんの家庭のことも聞いたりして、それは面白いと思って実践してみるのもいいかもしれない。

どっちが正しいとか、こうあるべき、こうしなさいってのは反発が起こりやすいから、まずそういった考え、態度、構えを取り払っていけたら便利ですね。

|相手は変えられない

こういったお話は「悪いあの人、かわいそうな私」になりやすいですね。アドラー心理学ではこういった意見の肩を持ちたくないんです。例えば「お義母さんがこんなにひどいことをしてきて、私はこんなつらい思いをした」ってのは問題が解決しないんです。これを第三者に言ったところで第三者は何もできない。事態を変えることができるのは当事者だけなんです。

つまり相手は変えられないんですね。
相手が何を思って、何を選択して、どう行動するかは完全に相手の自由であって、自分にはどうしようもないんです。たとえ行動を制限できたとしても心がどうあるかまでは奪えません。だから相手は変えられない。

ではどうしたらいいかと言えば、自分が変わるしかない。

ひとまずこういった「相手が私に感じ悪く接してくる」なんて時は、まず自分の態度や構えがよろしくないと思いたいんです。相手はどうしようもないヤツと感じるかもしれませんが、文字通り、あなたは相手に対して「どうしようもない」んです。
相手をどうにもすることができないのなら、自分が動き変わるしかない。自分は変われる。自分が変われば、相手も変わるかもしれない。そう考えたいんです。

少し考えていただきたいんですが、相手が自分を信頼してくれてなくて否定してくるとしますよね。そんな相手にあなたはどう接してやろうと思いますかね。おそらく同じように接しますね。でも相手がそれまでの態度を改め、自分を尊重して信頼を寄せてくれて、肯定してくれるようになったら、あなたもそれまでの態度を辞めようと決心できる気がしませんか?

だからまず自分から始めたいんです。

人間関係をよりよくするためのキーワードはいつも「自分から」なんです。
アドラーは自分自身を他人や共同体に適応させていかなくてはならないといっていました。よく「他人は他人、自分は自分。自分の道を突っ走ればいい。」という人もいますが、それはアドラー心理学的ではないと思うんですね。自分の良さを活かして共同体に役立て、協力しながらよりよい世界を目指していく、それが自分やみんなの幸せにつながるようにしていきたいのがアドラー心理学なんだと思うんです。

|まとめ

今回お話した内容は、たまたま「嫁姑」ですが、これはこの関係性に限ったことではなく、どんな対人関係でもいえるお話ですし、応用できるお話です。

目の前にある人間関係をどう受け止めるか、どう感じるかは完全にあなたが決められる。「あ~イヤだな、疲れるな~」ってのはあなたが嫌だと思うことにしているし、疲れる人間関係にしているにすぎない。あなたの構えや態度、接し方で変えることができるし、素敵な関係にしよう!と思えばそう動き出すんです。

会わなくてはならない運命を呪うのではなく、会う機会を祝福して、自分がどうしていけば自分を含めよりみんなが幸せな時間を過ごせるかを考えていきたいですね。

一つ注意したいのが、これは自己犠牲や我慢をする感覚ではないです。
そういう概念があるうちはまだアドラー心理学でいう縦の関係を抜け切れていない証拠かもしれません。

この年末年始、少し自分の行動を見直しながら、幸せな時間を作ってみることを試してみてくれたら嬉しいです。

初回メール相談無料

あの人は私と接する時に態度が変わるんです!をアドラー心理学で考える。

自分と接しているときには態度が悪いのに、相手が別の人と話しているところを見かけると全然そうではない。なぜそんな態度をとってくるのか、どうにかできないか。こういうご相談をよく受けたりします。今回はそんな状況をアドラー心理学で考えていこうと思います。

相手の接し方において、大抵の場合、自分の目の前にいる相手の態度が本当の性格だと思ってしまう傾向が多く、それでいてその相手が他の人と接している姿が違えば猫をかぶっているか、いずれにせよあまりいい印象を受けないものです。

これは一体どういうことが起こっているのでしょう。
そもそもこの事象の受け止め方、捉え方は妥当なのかどうか。
一緒に考えていきましょう。

|決まった性格はない

よく心理学ときくと「あの人はどんな性格か教えてほしい」とか「こんな人はどんな性格か」といったイメージがあると思うのですが、アドラー心理学はそういった問いに対する答えを持っていないんです。無理やり答えようと思えば答えられないこともないと思うのですが、アドラー心理学は基本的にはそういうのは好きじゃないんですね。

アドラー心理学は個人心理学が正式名称ですが、これは例えば性格タイプを分けたりする心理学とは違い、その人個人個人に対して、それぞれ違ったライフスタイルをみていきます。ライフスタイルというのはアドラー心理学の用語ではありますが平たく言えば「性格」といえるものですね。

個人個人における違ったライフスタイルを見出していくのですが、このライフスタイルを見出していくには必ずライフスタイルを見出される本人相手役の存在が必要になってくるんです。

本人一人だけじゃダメなんですね。最低二人一組で考えていきたい。
ここがアドラー心理学の面白いところでもあると思うんです。ライフスタイルというのは相手がいて初めて形として現れてきます。それも相手が変われば当然また変わったパターンが現れてくるんです。

つまり態度や性格というのは基本的に人によって違うんです。

|性格はどこにあるか

その人の性格というのは頭の中や心の中にあると思うと、一つの形でしか存在しないように思いやすいですが、アドラー心理学では自分の体の中にあると考えると少しわかりづらいんですね。

ではどこに性格はあるのか。
人と人との間にあると考えたいんです。

これって面白いですよね。アドラー心理学では性格を考える時「人」では考えず「人間」で考えるんです。「人間」というのは「人の間」って書きますね。この人の間に性格が存在するんです。相手との関係性の中に性格が存在し、相手が変われば性格のパターンも変わってくるんです。

|性格というのは量子の動きに似ている?

これは私が勝手に思ったことなのですが、この性格の動きってとても量子力学で扱う素粒子の動きに似ているなって思うんですね。素粒子というのは観察するまでは流動的で決まった形がないんですが、観察された瞬間動きを変えて形が決まる。観察される前の状態というのは確認しようと思っても確認できないんです。

人間も同じで、一人でいる時というのは誰も観察していませんからその人がどんな性格であるかはわかりようがなく、自分としても常にいろんな状態が混在しているような状態で、人と会ってしまえば一人の時の自分はたちまち形を変え、相手に合った性格となって形を決めるわけです。

相手の元々の性格なんてのは誰にも知りようがないのですが、そのかわり相手の今の時点の性格に関しては、実はコミュニケーションを取っているあなたなら確認することができます。それはつまりあなたという観察者の影響が相手の性格を決めているので、相手が勝手に私に対して具合のよろしくない態度をとってくるというのは少し話が違くて、相手が自分にとって思わしくない態度でも、素晴らしい態度でも、どちらにしても相手がそうなっているのは他ならぬ自分がそうさせているとアドラー心理学では考えたいんですね。

そこに例えば第三者が入ってきたとしたら、きっとまた変わってしまうんです。その第三者がモニター越しに二人の関係性を観察していたのならギリギリ二人の関係性としての性格を確認できるかもしれませんが、介入した途端、観察していた性格はまた形を変え、別の姿となってしまいます。

|相手の嫌な態度はどうすればいい?

ここまで来ると大体アドラー心理学の立場としての回答というのは見えてきているかもしれませんが、相手が嫌な態度をとってくるときはどうすればいいんでしょうか。

自分が変わるしかないんですね。
自分で何とかするしかない。

相手の態度というのは前項で書いた通り、あなたの影響で決まっています。厳密には相手の立場で考えれば、相手は相手自身の態度であなたの態度が決まるという同じ現象を体験しているわけですが、そこは課題の分離をして考えない。あなたは相手ではないので、相手のことは相手に任せて自分にできることを考えていきたい。では自分にできることは何かといえば、自分の相手に対する構えや態度を変えていくしかないんです。

カウンセラーや第三者は直接的に介入はできないんです。介入すればまた変わってしまうから。だから何とかするには自分が動くしかないんです。

|態度の目的を考える

ではどんな時に相手が自分に対する態度を悪くしているのでしょうか。
前項でも書いた通り、相手がそのような態度をとっているということは自分の構えや態度に問題があるとアドラー心理学では考えたいので、まずそこを見直したいですね。

相手にそのような態度を取らせてしまう自分の目的を考えてみましょう。

おそらく縦の関係になっているのではないでしょうか。
相手に負けたくない、下に見られたくない、立場や主導権は有利に握っておきたいなどの無意識にある隠れた目的があることがほとんどです。そういった態度でのぞめば相手も圧を感じ屈したくない目的の元、それは権力闘争へと発展して常に威嚇をしあった状態になってしまいます。

そうなればそういった態度や考えを取っ払って接するしかありません。アドラー心理学でいう横の関係を築いていくことをしたい。今のところ目の前にいる相手は嫌な人かもしれませんが、それでも善い人であると思い接したい。自分が緊張状態を解くことによって相手の行動にも変化が現れてくるわけです。

|まとめ

いかがでしたでしょうか。

まず性格というのは人と人との間に存在するもので、性格は相手によって変化するということは押さえておきたい。一日中イヤな奴というのはいなくて、人や場所によって色んなその人が存在するんです。どれかが偽りなのではなく、どれもその人自身であると考え、もし相手が嫌な態度をとってくるようなら、それはあなたがそうさせているとまずは考えて自分の態度や構えを見直していきたいです。

相手との関係を改善するにはどうやっても自分が動くしかないのは確かなんですが、自分がどんな状態で相手に接しているかは自分ではわかりづらいものです。そこは私のようなカウンセラーや第三者に客観的にみてもらうことをお勧めします。

何はともあれ、相手が自分に対してよろしくない態度だなと思ったときには相手のせいにせず、そして相手をどうにかしようと考えず、自分について振り返り、自分が変わることをしてみてください。

それがアドラー心理学の生き方といえるかもしれません。

初回メール相談無料